仕事や学校終わりに気軽に行ける香里園の歯医者で虫歯治療

香里園の歯医者での歯科矯正は小児の時期が最適とされる理由

歯科のイメージ

歯科矯正は永久歯の揃っていない小児時期がふさわしいとされています。では、なぜ小児の時期がそのように言われているのでしょうか。
多少個人差はあるものの、小学高学年までは乳歯がまだ残っている状態が多く、顎、骨格も成長段階で少しずつ日々成長を続けています。成長段階であるため口腔内に器具を入れるだけでも形を整えやすく、口腔内だけでなく体への負担もかからず矯正することができるためです。逆に大人になってしまうと、骨格の成長が止まり形が出来上がっている状態であるため、無理に矯正を行おうとすると抜歯をすることや、ひどい状態ならば外科手術をしなければいけないことになってしまうのです。
また、歯並びが悪くかみ合わせが正常にできない場合は、食事中に口に入れた食べ物を上手く咬むことができず消化にもよくありませんし、筋肉の発達にも影響をあたえてしまいます。また滑舌が悪く相手に話がうまく伝わりにくい時もでてきます。口腔内にも影響がおよびます。歯並びが悪いと、ハブラシをうまく隙間や奥にあてることができず、結果磨き残しが蓄積し、虫歯や歯肉炎、口臭などの原因をつくりだしてしまいます。
また影響は身体だけではなく、見た目も気にするようになると人と関わることを避けるようになってしまい孤立してしまうという心への影響もでてきます。子供自身が明るく、前を向いて積極的に活動していくためにも小児時期の矯正は大切になってくるのです。

新着情報

  • 診療台

    香里園の歯医者での歯科矯正で全身の健康を目指す

    人が人の顔を見て美しいと認識するのは、左右対象である事と、鼻から下が重要だと言われています。マスクをしていると綺麗に見えると思…

    MORE
  • 治療道具

    できるビジネスマンは香里園の歯医者に行く

    仕事ができる人に共通しているある事柄があります。歯科へよく行くということです。できるビジネスマンになるためには、意外と重要なことなのか…

    MORE
  • 歯科のイメージ

    香里園の歯医者での歯科矯正は小児の時期が最適とされる理由

    歯科矯正は永久歯の揃っていない小児時期がふさわしいとされています。では、なぜ小児の時期がそのように言われているのでしょうか。多…

    MORE
  • 歯ブラシ

    香里園の歯医者に行く前にやっておいた方がよいこと

    多くの方は、そう頻繁には歯科へ行くことはないでしょう。しかし、だからこそ普段なら気にならないことでも、いざ診察が始まってから後悔するこ…

    MORE